左腕・横山が阪神育成初の1軍スタート 春季キャンプメンバー振り分け発表

[ 2020年1月24日 15:00 ]

阪神の横山
Photo By スポニチ

 阪神は24日、鳴尾浜球場で合同コーチ会議を開き、1、2軍の春季キャンプメンバーの振り分けを発表した。

 主力メンバーが順調に1軍に名を連ねるなか、育成左腕の横山も1軍メンバー入り。育成選手の春季1軍キャンプ発進は球団初となる。新加入のエドワーズ、ガンケル、スアレス、ボーア、サンズを含む外国人全7選手も1軍からのスタートになった。ドラフト1位の西純矢をはじめとする新人8選手はいずれも2軍スタート。17年に20本塁打を放った中谷も安芸から巻き返しを図る。

 振り分けは以下の通り。

 【1軍】(沖縄・宜野座)
 ◆投手(23名)
 能見、西勇輝、岩貞、馬場、藤浪、中田、藤川、小野、高橋、谷川、浜地、エドワーズ、守屋、秋山、ガンケル、青柳、飯田、望月、岩崎、スアレス、ガルシア、伊藤和、横山
 ◆捕手(4名)
 坂本、梅野、原口、片山
 ◆内野手(10名)
 上本、木浪、北條、大山、熊谷、マルテ、糸原、ボーア、陽川、植田
 ◆外野手(7名)
 近本、糸井、福留、高山、江越、サンズ、島田

 【2軍】(高知・安芸) 
 ◆投手(16名)
 西純矢、岩田、呂彦青、尾仲、高野、才木、及川、福永、川原、斎藤、桑原、湯浅、小川、島本、石井、牧
 ◆捕手(3名)
 長坂、岡崎、藤田
 ◆内野手(4名)
 小幡、遠藤、荒木、藤谷
 ◆外野手(7名)
 井上、伊藤隼、中谷、板山、俊介、小野寺、奥山

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース