履正社 史上5校目の夏春連覇挑戦、意気込む関本Jr「簡単じゃないけど僕らにしかできない」

[ 2020年1月24日 17:06 ]

第92回選抜高校野球大会出場校発表

センバツ出場決定に凱旋を決める関本主将(前列中央)ら履正社ナイン(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 昨夏の甲子園大会で初優勝を成し遂げた履正社は2年連続9度目の選抜大会出場を決めた。史上5校目となる「夏春連覇」の大偉業に挑むチームを束ねるのが主将の関本勇輔捕手(2年)だ。「夏春連覇は簡単なことじゃないけど、僕らにしか達成できないこと」と意気込んだ。

 同校史上初となる3季連続の甲子園。元阪神・関本賢太郎氏(スポニチ本紙評論家)を父に持つ超サラブレッドは昨秋の公式戦で打率・476を残し、4番として期待がかかる。岡田龍生監督は「関本、小深田らが中心。関本は大きいのが打てるようになってきた」と長打力に期待を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月24日のニュース