西武ルーキーが防災訓練 消火体験のドラ1宮川「はしご車乗ったことあるんです」

[ 2020年1月24日 16:44 ]

消火訓練をする西武のドラフト1位・宮川
Photo By スポニチ

 西武の新人選手が24日、埼玉県所沢市の合宿所「若獅子寮」で恒例の消防訓練を行った。

 訓練は埼玉西部消防局の所沢中央消防署、山口分署の協力で実施された。

 ルーキーたちは、火災が起こったとの想定でそれぞれの自室から避難。最高で約30メートルの高さまで届くはしご車による救助の様子を見守った。

 さらにホース、消火器を使って実際の消火活動も体験。ドラフト1位・宮川(東芝)は「やっぱり(防災意識は)大事なので。僕は放水訓練もやったことがあったし、はしご車にも乗ったことがあるんです」。

 新人として臨むシーズンに向けては「マウンドでは僕自身は熱く燃えて、(相手打線の)火を消したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月24日のニュース