MLBコミッショナー明言 サイン盗みアストロズ17年世界一はく奪せず「起きたことは変えない」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

 大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは22日(日本時間23日)、アストロズが17~18年途中まで不正なサイン盗みを行っていたと認定した報告書の発表後初めてテレビの取材を受け、17年ワールドシリーズの王座を剥奪する考えはないことを明らかにした。

 同シリーズで敗れたドジャースの本拠地ロサンゼルスでは、市議会が21日に同球団にタイトルを与えるようMLBに求める決議を採択。しかしコミッショナーは「(不正がなければ)ドジャースが王者になっていたとは限らない。野球界では起きたことは変えないという伝統がある」と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月24日のニュース