DeNAパットン 半袖姿でブルペン入り「感触を確かめる感じで」

[ 2020年1月24日 14:19 ]

ブルペンで投球練習するDeNA・パットン
Photo By スポニチ

 22日に来日したDeNAのスペンサー・パットン投手が24日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」で自主トレを行った。

 室内練習場で半袖姿でブルペン入りすると、捕手を座らせて変化球も交えて36球。「感触はいい。6、7割くらいの力で感触を確かめる感じで投げた」とうなずいた。

 開幕が1週間早まることもあり、実戦登板にも「チームの希望に合わせられる。シーズンが早く始める分、全体的にスケジュールは早くなると思っている」と頼もしい。米テキサス州に構えた新居にはトレーニング室を完備。「部屋があるから、トレーニングをしない日は罪悪感を感じてしまった」と笑いながら、オフに励んだトレーニングの様子を明かした。

 来日4年目。「数字は意識しない。勝つことだけ。やるべきことをやって、チームの勝利に貢献したい」と意気込みを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース