広島・堂林 逆襲へ新打法だ!誠也の助言をヒントに着手「左足を高く上げ軸足に体重残す」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

広島の堂林内野手
Photo By スポニチ

 広島・堂林翔太内野手(28)は合同自主トレ全休日だった23日、マツダスタジアムで自主練習し、鈴木誠也外野手(25)からの助言を参考に新打法に着手していたことを明かした。誰もいないマツダスタジアムの屋内練習場で、黙々とマシン相手に打撃練習を繰り返した。打撃フォームは、昨季よりも左足を高く上げて真っすぐとした姿勢で立ち、軸足に体重を乗せることを強く意識した姿に修正されていた。

 「頭が前に突っ込む大きな欠点があった。イメージは(軸足の)右足に体重を感じながらスイングする。真っすぐ立つこともそうだし、踏み出す左足も(地面に)つきそうでつかないくらい、ゆっくりとした体重移動が理想です」

 宮崎県串間市内で実施していた鈴木誠らとの合同自主トレ期間に行き着いた。「誠也に質問すれば全部返ってくる。何かと聞いて、誠也も僕のことを真剣に考えてくれた。後輩ですけど心強かった。いろいろとやって最後の方にハマり始めた」。野間、曽根ら後輩しかいない合同練習に参加を志願した決断は間違っていなかった。

 「これまでノーステップもやったし、足を上げないことも試して(頭を突っ込む癖を)直そうとしてきた。今までよりも前(のスイング軌道)が広くなったと思う。泳いでも打てそうで、差し込まれてもバットが出てくる感覚がある」

 また、9日からの3日間は合同自主トレを離れ鹿児島にある最福寺での護摩行に向かった。過去最多となる計5回の行に挑み「今までで一番きつかった」と振り返るほど過酷さを極めた。「初日に“(火に対して)前に行ってない”と先生に言われてしまった。でも最後の2日間は“よかった”と初めて褒められました」。参加4年目にして、行を執り行う池口恵観大僧正からも認められる気持ちの強さを手にした。

 昨季は出場28試合で打率・206、7安打、0本塁打、2打点。1軍に初めて出場した12年以降では、いずれも自己ワーストだった。「2月1日からアピールしないといけない立場」。気がつけば11年目。技術も心も逆襲への準備は整った。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース