巨人・村田コーチ 2軍で「男」つくる!令和に昭和的指導「痛い、かゆい、は当たり前」

[ 2020年1月24日 05:30 ]

千葉県立千葉盲学校を訪問し、子供を抱き上げて笑顔を見せる巨人・村田2軍野手総合コーチ
Photo By スポニチ

 巨人・村田2軍野手総合コーチが春季キャンプで「男」をつくる。千葉盲学校を訪問して生徒と交流。現役時代は「男・村田」と称され、常に体の痛みと闘っていた39歳は若手に対して厳しく接する意向を明かし「痛い、かゆい、は当たり前。野球選手が野球をできないのが一番恥ずかしい」と語気を強めた。

 自身は「4番・三塁」の大先輩である原監督から厳しい指導を受けた。時に怒られ役にもなり「愛情も感じた。それを糧に立ち上がらないといけないし、そういう選手が出てきてほしい。まだいない」と言う。今季から阿部2軍監督の「参謀」となる。「野球さえうまければいい」と思い、奇抜な髪形をしていた時期も振り返り「間違っていた。人として成り立たないといけないので厳しく接していく」と人間性も鍛える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース