中日 新外国人が来日、ゴンサレス「持ち味はストレート」 シエラは支配下目指す

[ 2020年1月24日 21:24 ]

来日した中日の(左から)アルモンテ、シエラ、ゴンサレス、ブリトー
Photo By スポニチ

 中日の新外国人、ルイス・ゴンサレス投手(27)、モイセ・シエラ外野手(31)とアルモンテ、ブリトーの4選手が24日、中部国際空港着の航空機で来日。

 メジャー復帰したロドリゲスに代わる救援左腕として期待されるゴンサレスは「持ち味はストレート」と最速161キロの直球が武器とアピールした。

 シエラは育成契約でのスタートだが「2月8日の最初の実戦に出る準備はできている。自分の力を見てもらい、支配下に入れるように勝ち取りたい」と意気込んだ。

 アルモンテは母国・ドミニカ共和国でのウインターリーグに出場中、古傷の右太ももを痛めたが「ちょっとずつだけど大丈夫。足をつった感じ。大けがにつながる前に出場をやめた」と話した。キャンプは2軍スタートだが「開幕に間に合うよう上げていく」とした。

 昨季はテスト生として来日したブリトーは「今年はシーズンでしっかり結果を出したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース