阪神 秋山 直球に手応え 2回無失点「力負けしていなかった」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

紅白戦で好投した秋山(撮影・平嶋 理子)     
Photo By スポニチ

 右腕から放たれる球筋が、逆襲への“道筋”に見えた。高知・安芸での秋季キャンプで16日に行われた紅白戦。紅組の先発マウンドに上がった阪神・秋山が2回無安打無失点の快投を披露。持ち味である力強い直球に矢野監督もうなった。

 「投げられればいいなと思っていた球筋が投げられたし、全体的にも良かった」

 口にする言葉が収穫の多さを象徴していた。初回、先頭熊谷には3球勝負を挑み、真っすぐで見逃し三振。続く近本も同じく力で押して空振り三振に斬った。2回も先頭の大山にこそ四球を与えたが梅野以下の3人を簡単に抑えた。得意とするカーブ、カットボールを交えながら25球中、直球は64%を占める16球。「力負けしてなかったのでよかったと思う」とうなずいた。

 指揮官も迷うことなく、この日目立った投手の1人に挙げた。「ベース上でキレるというか、審判やってくれていた(打撃投手の)古野とかにも聞いたけど、低いと見えてストライク。今の球であれば、もちろん勝てるボールになっている」。12勝を挙げた17年時の姿と重ね合わせるように期待を込めた。

 今キャンプで胸を張りすぎないフォームに微修正することで直球の威力が戻った。7日のケース打撃では大山の打球が右太腿を直撃するアクシデントに見舞われたが大事に至らず、結果と内容で存在感を示した。

 「(配球でも)真っすぐを選べたし、今後も自信を持って真っすぐを選べるように」。昨年の右膝手術からの完全復活を期す来季への“スタートダッシュ”となりそうな力投だった。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース