健大高崎 明豊にサヨナラ勝ちで4強 2戦連続延長戦制す

[ 2019年11月17日 11:50 ]

明治神宮大会・高校の部1回戦   高崎健康福祉大高崎5―4明豊 ( 2019年11月17日    神宮 )

<明治神宮大会 明豊・健大高崎>10回タイブレーク、1死満塁、サヨナラの左犠飛を打った山本(中央)を笑顔で出迎える健大高崎ナイン (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 初出場の高崎健康福祉大高崎が明豊に延長10回タイブレークの末にサヨナラ勝ちし、4強進出を決めた。

 4番で起用された山本がサヨナラ犠飛。2戦連続の延長戦に「疲れました」と苦笑いした。それでも1回戦で満塁弾を放つなど活躍を評価されて5番から4番に上がり、この日は2安打2打点。「責任もあったし、仕事を果たそうと思った。4番目の打者と思ってつなぐ意識でいった結果」と笑顔を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース