侍J 決勝戦先発山口が闘志「1イニングでも長く投げたい」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド決勝   日本―韓国 ( 2019年11月17日    東京D )

キャッチボールを行う山口(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 山口が17日の韓国との決勝戦に先発する。キャッチボールなどで調整し「まずは自分のスタイルを前面に出していけるように。1イニングでも長く投げたい」と誓った。1次ラウンド初戦、スーパーラウンド初戦に続く3度目の登板。

 韓国の印象を「いいバッターが多いイメージ。アジアなので野球自体は似ている」と分析した上で「緩急がキーになってくる。恐れずに真っすぐ、カーブ、勝負球のフォークも交えてやっていければ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース