白樺学園が初勝利 片山完投惜しい9回途中3失点

[ 2019年11月17日 05:30 ]

明治神宮野球大会 第2日   白樺学園4―3国士舘 ( 2019年11月16日    神宮 )

<白樺学園・国士舘>チームを勝利に導いた白樺学園・片山(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 白樺学園のエース片山の力投で国士舘に競り勝ち、初出場初勝利を飾った。

 完投こそ逃したが、丁寧にコースを突く投球で9回途中まで3失点にまとめ「少し調子は悪かったが、それなりに制球できた。苦しい中でも接戦をものにできてよかった」と振り返った。

 昨年は同じ北海道の札幌大谷が初出場初優勝。「自分たちもやれることができれば、チャンスはあると思う。チャレンジャー精神でやっていきたい」と意気込んだ。

 ▼国士舘永田昌弘監督(2年連続で北海道地区代表に初戦で敗れ)バットが遠回りする癖から抜け出すとか課題はある。春までに一つ一つ片付けたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース