阪神 藤浪が紅白戦に登板 来季へ手応えつかめるか

[ 2019年11月17日 09:11 ]

ブルペンで気合の入った投球を見せる藤浪(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は、高知県安芸市で行っている秋季キャンプで2日連続の紅白戦を行う。

 注目は紅組の2番手で登板予定の藤浪。今キャンプでは、臨時投手コーチを務める山本昌氏から連日、指導を受けておりフォーム修正に着手している。中でもチェンジアップを多投してリリース時に手首を立てることを意識付けされており、個別練習でも投げ込みを敢行。今季キャリアワーストの0勝に終わり、巻き返しを期す来季へ手応えをつかみたいマウンドになる。

 練習前時点で発表されている紅白戦のスタメンは以下の通り。投手は高橋遥、藤浪、望月(以上紅組)、岩貞、横山、福永(以上白組)が登板予定。

 【紅組】
 1(二)植田
 2(右)近本
 3(左)梅野
 4(三)大山
 5(中)中谷
 6(一)上本
 7(遊)小幡
 8(捕)片山

 【白組】
 1(遊)熊谷
 2(二)木浪
 3(三)北條
 4(左)陽川
 5(中)高山
 6(右)板山
 7(捕)長坂
 8(一)藤谷

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース