金沢学院大 大会初勝利「ワンサイドになるかと思ったが…」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

明治神宮野球大会 第2日   金沢学院大学8―5九産大 ( 2019年11月16日    神宮 )

<金沢学院大・九産大>2回1死一、二塁から登板した金沢学院大2番手の和田(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 明治神宮野球大会は16日、高校、大学の部ともに2試合ずつが行われた。大学の部では、金沢学院大が九産大に逆転勝ちし、大会初勝利を飾った。

 「雑草軍団」が最大4点差を中盤の集中打で跳ね返し、5投手の継投で初勝利をもぎ取った。金沢学院大・角尾貴宏監督(48)は「ワンサイドになるかと思ったが、失敗を恐れず戦ってくれた」と選手を称えた。

 卒業後に野球を続ける4年生は軟式を含め4人だけ。有名選手はいないが、チーム力を結集して勝った。4年生は例年、春のリーグ戦が終わった時点で半数が引退するが、今季は多数が残りベンチ外選手も練習をサポート。秋はリーグ戦2位から神宮切符をつかんだ。「われわれはワンチームだ。1+1は2じゃなく3にも4にもなる」。指揮官の熱い言葉にナインが結果で応えた。

 試合前には「ここで活躍して、道を切り開け」とナインに言葉を向けた。踏まれてもはいあがる。雑草軍団が旋風を巻き起こす予感がする。

 <九産大>楽天からドラフト5位指名された154キロ右腕、福森耀が先発も、4回途中3失点。チームも逆転負けで学生最後の公式戦を飾ることはできなかった。この日は最速149キロを計測したが、突然、右中指の爪が割れるアクシデント。「まだ行けると思ったが指にかからなかった。不完全燃焼」と唇をかんだ。今年の全日本大学選手権に続いて初戦敗退となり「悔しい思いをたくさんした。次につなげたい」と飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース