ロッテ ファン感で残留望む異例の「大地コール」 鈴木は深々とおじぎ

[ 2019年11月17日 14:58 ]

 17日、ZOZOマリンで行われたロッテのファン感謝デーで異例の「大地コール」が起こった。

 国内フリーエージェント(FA)宣言している鈴木大地選手会長(29)が、閉会の挨拶で「お疲れ様でした。短い時間ではございましたが、楽しんでいただけたでしょうか。天気も良く、選手も楽しい時間をすごすことができました。最後にやはり、マリンといえばウィーアーが名物となります。今年、最後のウィーアーをやってきょうを締めたいと思います」と音頭を取り、ウィーアーの大合唱を行った。

 ただ、それでは終わらず、スタンドの応援団からは残留を望む地鳴りのような「大地コール」とともに鈴木の応援歌が繰り返し、鳴り響いた。

 その声をかみしめた鈴木は丁寧に帽子を取り、深々とおじぎし、気持ちに感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース