中日ドラ4・慶大の郡司が攻守に活躍 中日の中田氏「打ち方を知っている」

[ 2019年11月17日 19:25 ]

第50回記念明治神宮野球大会 大学の部 2回戦   慶大(東京六)9―0東海大札幌(札幌) ( 2019年11月17日    神宮 )

<明治神宮大会 慶大・東海大札幌キャンパス>3回2死満塁、慶大・郡司は左越え適時二塁打を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中日からドラフト4位指名を受けた慶大の郡司裕也主将(4年=仙台育英)が17日、東海大札幌との2回戦に「4番捕手」でフル出場。打っては3打数2安打3打点、守っては7回から救援した楽天ドラフト3位の津留崎大成(4年=慶応義塾)ら3投手を無失点でリードするなど攻守にわたって活躍した。

 初回無死二塁の第1打席では冷静に四球を選ぶと、2回無死二塁の第2打席ではフルカウントから外角低めのスライダーを逆らわず右前へ。3回2死満塁の第3打席では初球を思い切り引っ張って左越えへ3点二塁打を放った。状況に応じた打撃を存分に見せつけ、「打席の中で意図がしっかり持てている。こう打とうというのがうまく出せた」と手応えをにじませた。

 あと2勝となった頂点に向けては「(大久保秀昭)監督を絶対日本一にしようという、その意識だけでやっていきたい」と闘志。10人態勢で見守った中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「ヒットを打ちにいく打ち方を知っている」とネット裏でうなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース