阪神 ファンと異例の集合写真 梅野が「ガッツポーズでいきましょう」

[ 2019年11月17日 13:21 ]

<阪神秋季キャンプ 最終クール>紅白戦のあと、球場に訪れたファンとグラウンドで記念撮影する阪神監督、コーチ、選手の皆さん (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神が高知県安芸市で行っている秋季キャンプで大規模なファンサービスを実施した。この日は午前中に練習が終了し、午後からは矢野監督の発案でメーングラウンドを開放。集まったファンと監督、コーチ、全選手が集合写真を撮影した。

 選手会長の梅野が「ガッツポーズでいきましょう」と音頭を取って笑顔でカメラに収まった。その後は1人ずつとのハイタッチイベントも行われるなど、日曜日に球場に駆けつけた2000人の虎党を喜ばせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース