阪神 ドラ3及川 矢野監督の「高橋遥人に勝てるか?」に即答「勝てます!」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

 ブルペンで矢野監督(右)に声をかけられる及川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 視線の先には将来的にライバルになるであろう、自身と同じ左腕がいた。16日に高知・安芸の秋季キャンプを見学に訪れた阪神ドラフト3位指名の横浜・及川は、ブルペンで高橋遥の投球に見入っていると、近づいてきた矢野監督に「高橋遥人に勝てるか?」と聞かれ「勝てます!」と即答。投手として必要な強気な一面を見せ「頼もしいなと」と指揮官を感心させ、自身の愛称で落語家・桂文枝のギャグでもある“オヨヨ”と言わしめた。

 「球の質が違うというのは後ろから見ても伝わってきました。自分もそういった高い質の球を投げられるように試行錯誤していきたい」

 レベルの差を感じながらも自身の課題と重ね合わせて見ていたという。「チェンジアップが得意ではないので(高橋遥には)そういったところは教わっていけたら。球の質、投げ方も似ているところがあったので学んでいけたら」。盗めるところはどんどん盗む――。高橋遥の横で投球していた藤浪にも触れ「藤浪投手は別格だった。それを見られただけでも、いい経験ができたなと思います。自分がいいと思ったことは取り入れて、聞けたら聞いていきたい」と充実の時間を振り返った。

 現在は、球質向上へ手首を柔らかく使って投球するなど工夫を凝らしているという。左右の大器を自身の目で見たことで、今後の練習への大きな励みになると同時に参考にもなる。一足早い“挑戦状”は己の気持ちを高めるためのもの。左腕エースになるという確かなビジョンが見えた一日だった。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース