中居くん予想「4―1」で日本 山口5回まで投げられれば理想

[ 2019年11月17日 09:18 ]

第2回WBSCプレミア12決勝   日本―韓国 ( 2019年11月17日    東京D )

5回1死二塁、適時二塁打を放つ山田哲(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 お互いに決勝進出が決まっている中での試合。主力を少しでも休ませたいし、手の内は見せたくない。でも落としてしまって、引きずったら大変。難しい試合でしたが本当に勝ってよかったです。

 打ってくれたらと思っていた山田選手が2安打2打点。試合前に「(試合のなかった)2日間で状態は上向きになって、フリー打撃でボールも上がってきている。責任を感じているし、何とか打ちたい」とおっしゃっていたので、結果が出てよかった。この日の打順は吉田選手と菊池選手以外は、レギュラーシーズンに近い打順でしたので、スムーズに入れたんじゃないかと思います。3番の丸選手も3安打。打撃陣は、決勝に照準が合わせられたと思います。

 決勝は、大味の試合にならない。早めの継投もあると思いますが、理想は山口投手が5回まで投げて、先制点を取って、中押しして、ダメ押し。そして甲斐野、山本、山崎の勝ちパターンで締める。スコアの予想は4―1で、世界一になってくれたら最高です。

 絶対、しびれる試合になる。にわかファンでも歓迎です。この一戦に懸けている日本選手のプレーを見てもらいたいです。(侍ジャパン公認サポートキャプテン)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース