会沢 初の適時打 決勝も先発マスク有力「必死にやるだけ」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド最終戦   日本10―8韓国 ( 2019年11月16日    東京D )

3回無死満塁、適時打を放つ会沢(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 会沢が今大会初適時打を放った。3回無死満塁で中前へ。今季リーグトップの得点圏打率・351の勝負強さを発揮した。マスク越しには韓国打者の反応をチェックした。決勝も先発マスクが有力で「連打を食らわないよう一人一人抑えるのが大事。必死にやるだけ」。

 村田バッテリーコーチは「あえて相手が強いところに投げて打たれたりもした。明日に生かしたい」とバッテリー間の収穫を挙げ、決戦へ生かす。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース