巨人 増田陸 坂本に志願の弟子入り「いいよ。基礎からやろうな」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

(自ら志願し快諾/) 巨人の増田陸内野手(19)が、来年1月の自主トレを坂本勇人内野手(30)とともに行うことが16日、分かった。光星学院(現八戸学院光星)時代に坂本勇を育てた明秀学園日立・金沢成奉監督から指導を受け、坂本勇が入団時につけた背番号61を背負う「坂本2世」。シーズン終了後に憧れの坂本勇へ「自主トレ行かせてください。お願いします」と伝えると「いいよ。基礎からやろうな」と快諾された。

 増田陸は1年目の今季、左手首の手術を受けイースタン出場はなかった。10月のフェニックス・リーグで実戦復帰し、今月下旬から台湾でのウインターリーグに参加予定。阿部2軍監督からも「(坂本)勇人の10倍練習してこい」とハッパを掛けられた。主将と寝食をともにし、全てを吸収する。

 ≪戸郷は山口と≫戸郷は山口とともに自主トレを行う。1年目の今季はプロ初勝利を挙げ、CS、日本シリーズでも登板するなど高卒1年目から頭角を現した。開幕ローテーション入りを目指す来季へ向け、リーグトップの15勝を挙げた3冠右腕に弟子入りする。「最多勝、最高勝率を獲った方。技術だけではなくてメンタル面も学んできたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース