岸、反省6失点「いい流れを断ち切ってしまい申し訳ない」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド最終戦   日本10―8韓国 ( 2019年11月16日    東京D )

6失点でガックリとベンチに戻る岸(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 今大会初先発の岸が4回に崩れた。3回までソロ本塁打のみの1安打投球。3回には3者連続三振を奪ったが「調子は悪くなかったが、浮いたボールを打たれてしまった」と6点勝ち越した直後の4回に6安打で5点を失った。

 4回7安打6失点。大量リードを維持することができず「いい流れを断ち切ってしまい、申し訳ない」と反省を口にした。

 ▼坂本勇(3回の大量点の口火を切る二塁打)明日が大事なので良い結果が出るようにしたい。あと1試合なので集中してやりたいと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース