“被害者”ダルビッシュ「やめましょうよ」 米紙報道

[ 2019年11月17日 05:30 ]

 カブスのダルビッシュが、2年前のアストロズのサイン盗み疑惑報道について複雑な感情を抱いていると、ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)が報じた。

 右腕はドジャース時代の17年にア軍とのワールドシリーズで第3戦と第7戦に先発し、いずれも1回2/3でKOされて負け投手に。同紙はダルビッシュがYouTubeで「人生で大きな挫折、大きな失敗は凄く大事」と話すとともに、2年後に生じた疑惑に「残念な問題。サイン盗み、やめましょうよ」と訴えたと伝えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月17日のニュース