明大 善波監督が退任 12年間でリーグ戦に9度優勝

[ 2019年10月31日 05:30 ]

東京六大学野球第7週最終日   明大0―1立大 ( 2019年10月30日    神宮 )

会見を終え花束を手にほほえむ善波監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 明大の善波監督は立大戦後に記者会見で今季限りでの退任を表明し「新しい空気で強い明治になっていけばと思った。会社の仕事もきちんとしないといけない時期でもあった」と話した。

 08年に就任後12年間でリーグ戦に9度優勝。今年6月には全日本大学選手権を制した。ナインには27日の朝に告げたというが「(振り返れば)選手も(退任を)感じて選手権で勝たせてくれたのかな」と声を震わせた。後任はOBを軸に選定を進める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年10月31日のニュース