NTT西日本 4大会ぶり8強進出 4番日下部が決勝打

[ 2019年10月31日 05:30 ]

第45回社会人野球日本選手権 第6日   NTT西日本3―2鷺宮製作所 ( 2019年10月30日    京セラD )

<NTT西日本・鷺宮製作所>6回、勝ち越しの左前適時打を放ちガッツポーズのNTT西日本・日下部(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 NTT西日本は1点差の接戦を制し、4大会ぶりに8強進出した。

 全国大会で初めて4番に入った日下部がチームを逆転で8強一番乗りに導いた。6回の勝ち越しの左前適時打を含む3安打で気を吐き「タイムリーが出て良かった」と振り返った。元々は足のある1番で大原周作監督は「打点もチャンスメークもできる」と称えた。「8強止まりでは進歩がない」と日下部。さらなる進撃をけん引する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース