巨人 坂本勇2年ぶりゴールデン・グラブ賞「誇りに思う」!丸は7年連続7回目

[ 2019年10月31日 15:00 ]

巨人・坂本勇
Photo By スポニチ

 第48回三井ゴールデン・グラブ賞が31日に発表され、5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人からは遊撃手の坂本勇人(30)、外野手の丸佳浩(30)の2選手が選出された。

 坂本勇は2年ぶり3度目の受賞。巨人の遊撃手の3度目の受賞は、川相昌弘の6度に次ぐ2位となり、「僕の中で、一つの目標としていた賞なので大変うれしいです。リーグ優勝できたシーズンに、この賞を獲得することができ、すごく誇りに思います。来年は、チームが日本一になって、この賞を受賞したいと思っています」と話した。

 丸は7年連続7回目の受賞で「選出していただき、本当にありがとうございます。毎年、目標としている賞なので受賞できてうれしいです。来シーズンも守備で、チームに貢献できるように、もっともっと努力していきたいと思います」とコメント。7年連続はセ・リーグ外野手でヤクルトの飯田哲也以来。最多は山本浩二(広島)の10年連続。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース