侍J、菊池が絶妙セーフティーバントで満塁機演出 坂本の犠飛でカナダと3点差に

[ 2019年10月31日 20:43 ]

侍ジャパン強化試合   日本ーカナダ ( 2019年10月31日    那覇 )

5回無死一、二塁、セーフティーバントを決める菊池 (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 4回に吉田の適時二塁打などで2点を返した侍ジャパンは、5回に菊池が絶妙なセーフティーバント。満塁から坂本の犠飛で3点目を挙げた。

 代打の会沢、途中出場の外崎の連打で無死一、二塁とすると、菊池が初球を一塁方向へセーフティーバント。ボールは絶妙な位置へと転がってオールセーフとなった。ベンチでは稲葉監督が拍手。三塁ベース上では広島で同僚の会沢も手を叩いて賛辞を送った。

 菊池の意表を突いたバントで生まれた無死満塁の好機に、続く坂本は左翼へ痛烈な当たり。カナダの左翼手の好捕に阻まれたが、会沢が生還して点差は3点に縮まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース