侍J、4回に反撃開始!誠也&吉田が2者連続フェン直二塁打

[ 2019年10月31日 20:22 ]

侍ジャパン強化試合   日本ーカナダ ( 2019年10月31日    那覇 )

4回無死二塁、吉田が適時二塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 6点を追う侍ジャパンは、4回に4番の鈴木(広島)と5番の吉田(オリックス)の2者連続二塁打で反撃を開始した。

 カナダ先発のオーモンに3回まで無得点に抑えられた侍ジャパンだが、4回先頭の鈴木が2番手リッチモンドの直球を引っ張って、左翼フェンス直撃の二塁打。4番があと少しで本塁打という打球で球場を沸かせると、続く吉田もリッチモンドの直球を捉え、こちらもあと少しで本塁打という右翼フェンス直撃の適時二塁打となった。

 主軸の連打で1点を返すと、1死三塁から近藤の二ゴロの間で2点目を追加。カナダとの点差を4点に縮めた。

▼吉田 チャンスだったので、積極的に行こうと思いました。強く良いスイングが出来ました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース