創価大 ドラフト指名の杉山&望月 サヨナラ負けで涙

[ 2019年10月31日 05:30 ]

第15回関東地区大学野球選手権 準々決勝   創価大9―10白鴎大 ( 2019年10月30日    横浜 )

 創価大はヤクルトからドラフト3位指名された杉山と日本ハム5位指名の望月がサヨナラ負けに涙を流した。

 先発した杉山は初回1死も取れずに4安打5失点KO。「4年間でこんな投球初めて」とうなだれた。初回無死満塁から登板した望月も7回途中まで粘投するのが精いっぱい。杉山は「プロ入りまで体力をつけたい」と大学の先輩にあたる小川への弟子入りを希望。望月は「変化球を磨きたい」と課題を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース