侍J、沖縄出身・嘉弥真が凱旋登板 首里城焼失に「ショック」も1回完璧2K

[ 2019年10月31日 21:44 ]

侍ジャパン強化試合   日本ーカナダ ( 2019年10月31日    那覇 )

8回から救援した嘉弥真(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 沖縄出身の嘉弥真(ソフトバンク)が凱旋登板し、8回の1イニングを無失点。打者3人から2三振を奪う完璧な救援で故郷に錦を飾った。

 これが侍ジャパン初登板となった嘉弥真。大きな拍手に包まれながらマウンドに上がると、先頭のバナスを高め直球で空振り三振。続くポンペイを左飛に打ち取ると、代打のヤージーを外角高めの直球で空振り三振に斬った。

 沖縄のシンボルでもあり世界文化遺産にも登録されている首里城が31日未明に発生した火災で焼失。試合前には「ショックしかない」と沈痛な表情で話していた左腕だが、見事な救援で沖縄の野球ファンを勇気づけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース