アストロズ バーランダー 7度目のシリーズ先発も初勝利ならず

[ 2019年10月31日 05:30 ]

ワールドシリーズ第6戦   アストロズ2―7ナショナルズ ( 2019年10月29日    ヒューストン )

力投するアストロズ先発のバーランダー(AP)
Photo By AP

 レギュラーシーズン両リーグ最多21勝のアストロズ・バーランダーが5回3失点で敗戦投手となった。

 通算7度目のシリーズ先発でも初勝利を逃した36歳右腕は「ベストを尽くしたが勝てなかった」。1点リードの5回にイートン、ソトの2本塁打で逆転を許した。A・J・ヒンチ監督は「厳しいイニングが続き、最後にガスが切れた」と嘆いた。第7戦でドジャースを破って初制覇を果たした2年前の再現を期す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月31日のニュース