ファミリー寿司まんぼう16強 大逆転呼んだ新岡の好リリーフ

[ 2019年9月29日 05:30 ]

高松宮賜杯第63回全日本軟式野球大会1部第1日   ファミリー寿司まんぼう11―10エム・キッズ ( 2019年9月28日    久留米市野球場ほか )

好リリーフでチームを勝利に導いたファミリー寿司まんぼうの新岡
Photo By スポニチ

 開幕し、久留米市野球場など6会場で1回戦16試合が行われ、ファミリー寿司まんぼう(北海道北)、日油尼崎工場(兵庫)など16チームが2回戦に進んだ。きょう29日は2回戦8試合と準々決勝が行われる。

 ファミリー寿司まんぼうが延長10回に敵失で勝ち越し、11―10でシーソーゲームを制した。序盤に最大5点差をつけられたが、3回からリリーフした下手投げの新岡が7回を3失点と好投し、逆転勝利に導いた。新岡は「序盤に点を取られて焦ったけど、何とか流れを持ってきたいと思った。役割を果たせてよかった」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月29日のニュース