ヤクルト最終戦 太田が初のサヨナラ打 退任の小川監督最後まで執念「勝つことが大事」

[ 2019年9月29日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1巨人 ( 2019年9月28日    神宮 )

ファンから花束を贈られる小川監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは今季最終戦で延長10回2死二塁から5年目の太田が右翼線にプロ初のサヨナラ打を放った。

 今季限りで退任する小川監督は同点の9回1死二塁で中大の後輩にあたり、今季限りで現役を引退する阿部を申告敬遠。「勝つことが大事」と最後の最後まで勝利への執念を見せた。

 試合後のセレモニーでは「監督としての力が足りず最下位に終わった。悔しい思いと、ファンの方々には申し訳なく思っています」とスピーチし、神宮球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月29日のニュース