明大 森下 早大を10K完封 力まず最速150キロ

[ 2019年9月29日 05:30 ]

東京六大学野球第3週第1日 ( 2019年9月28日    神宮 )

10奪三振で完封した森下(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われ、明大は早大を4―0で下して開幕3連勝。ドラフト1位候補右腕・森下暢仁(まさと)投手(4年)は4安打で10三振を奪い、リーグ2度目の完封で現役最多の15勝目を挙げた。慶大は立大に4―3で逆転勝ち。ドラフト候補の郡司裕也捕手(4年)が3安打を放つなど、攻守で開幕3連勝に貢献した。

 9回2死一塁。10個目の三振は同じドラフト候補で早大の4番・加藤からカーブで奪った。完封した森下は「カーブがうまくいかなかったけど、“修正できるんだぞ”というところを見せようと思って最後はカーブを投げた」と胸を張った。

 前回14日の東大戦は延長12回の末に辛勝。15三振を奪って2失点完投も「力を入れすぎた」と反省し、フォームを見直した。力まずに投げることを意識しながらも、最速で150キロを計測。直球とチェンジアップのコンビネーションで「うまくかわすことができた」という。ドラフトまで1カ月を切り、日米9球団のスカウトが視察。西武の渡辺久信GMは「いい投手に変わりない。何球団(1位で)いくかな」と話した。

 ≪慶大 郡司が攻守で躍動 逆転勝ちを導く≫郡司が攻守で躍動した。1点を追う6回、好左腕・田中誠に対し「工夫しないと打てない投手。(捕手の)藤野の配球を読むことに専念した」と捕手としての読みがさえ、内角直球を左翼線へ同点適時二塁打。強肩で盗塁も2度刺し、逆転勝ちに導いた。プロ志望届を提出したが「意識しないようにしている」と最後のリーグ戦に集中する。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月29日のニュース