日油尼崎工場 2回戦進出 轟兄弟が活躍

[ 2019年9月29日 05:30 ]

高松宮賜杯第63回全日本軟式野球大会1部第1日   日油尼崎工場10―1田中藍 ( 2019年9月28日    久留米市野球場ほか )

大活躍の日油尼崎工場・弟の轟祐次郎(左)と兄・雄太郎
Photo By スポニチ

  開幕し、久留米市野球場など6会場で1回戦16試合が行われ、ファミリー寿司まんぼう(北海道北)、日油尼崎工場(兵庫)など16チームが2回戦に進んだ。きょう29日は2回戦8試合と準々決勝が行われる。

 日油尼崎工場が轟兄弟の活躍で2回戦に進出した。兄で主将の雄太郎は4安打3打点。捕手としてもチームをけん引し「初回に先制されても県予選も逆転で勝ってきた。焦りはなかった」と振り返った。弟の祐次郎も2二塁打と1四球で勝利に貢献。「小、中、高、社会人と兄と同じチーム。兄弟で打てたのはうれしい」と笑顔。2人そろって「目標は全国制覇」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月29日のニュース