アストロズ・バーランダー 史上18人目の通算3000奪三振&今季300奪三振の偉業を達成

[ 2019年9月29日 14:03 ]

試合後、エンゼルスの会見場で取材対応したバーランダー
Photo By スポニチ

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手(36)が28日(日本時間29日)、エンゼルス戦で史上18人目の通算3000奪三振&今季300奪三振の偉業を達成した。

 1点を追う4回1死。カルフーンを低めのスライダーでバットに空を斬らせ、振り逃げとなったが、節目の3000奪三振目に手を挙げてスタンドの歓声に応えた。直後のシモンズに2ランを浴びたが、打線が6回に一挙5点で逆転。直後の6回に再びカルフーンを空振り三振に仕留め、キャリア初のシーズン300奪三振目となった。

 試合後、エンゼルスの会見場で取材対応したバーランダーは「とても興奮しているし、非常に満足している。特別な瞬間の一つだった。今季はスライダーが改善された。年間通して制球も良かった」と笑顔。6回4安打3失点、12奪三振の快投で今季21勝目で自身3度目の最多勝も確定。タイガース時代の11年以来のサイ・ヤング賞獲得が本命視されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月29日のニュース