センバツへ前進 大分商、明豊が九州大会へ

[ 2019年9月29日 05:30 ]

2019年度秋季九州地区高校野球大会・大分県予選準決勝 ( 2019年9月28日    別大興産 )

 準決勝があり、大分商が大分に5―4で逆転勝ちし、九州大会の出場も決めた。

 大分商は1点を追う9回。2死一、三塁とチャンスをつくった。ここで上野の打球は平凡な飛球と思われたが、風の影響で相手中堅手がまさかの転倒。三塁打となり、2者が生還して逆転した。

 その裏はソフトバンク・川瀬晃内野手の弟で、主将の川瀬がエースの意地をみせ3人でピシャリと抑え完投した。逆転のホームも踏んだ川瀬は「何とか抜けてくれと願った」と笑顔をみせ、渡辺正雄監督も「奇跡でしょ」と想定外の逆転シーンを振り返った。

 指揮官は、「ドラフト前に(同校OBでドラフト1位候補の明大)森下(暢仁)を盛り上げたかったので良かった」と、3年ぶりにつかんだ九州切符を喜んだ。

 一方、今春センバツ4強の明豊も大分国際情報に7―0で快勝し決勝進出。九州大会出場も決め、2年連続のセンバツ出場に前進した。  

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月29日のニュース