ヤクルト 広島戦4年連続負け越し…小川監督「ミスが出るとこういう試合になりがち」

[ 2019年9月5日 21:54 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―8広島 ( 2019年9月5日    神宮 )

<ヤ・広>5回2死、菊池涼に勝ち越しソロを浴びる山田大(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ミスからの失点が重なり、ヤクルトは広島戦の4年連続シーズン負け越しが決まった。

 小川監督が「ミスが出るとこういう試合になりがち。そこのところはちゃんとやっておかないといけない」と嘆いたのは、中盤以降の失点シーンだ。

 1―0の5回に山田大が2死から2打者連続ソロを浴びて逆転を許した。高梨に代わった直後、鈴木の三ゴロを太田が悪送球。連打を浴びて追加点を奪われた。

 1―3の6回は無死二塁から高梨の暴投で走者を三塁に進め、2点を失うきっかけを作った。

 5―1の8回も2死から代打・磯村に右前打を許すと、中村が二塁への悪送球で走者を進めると、7―1の場面では捕逸で8点目を奪われた。

 打線も初回の山田哲の左中間適時打による1点のみ。指揮官は「攻撃仕切れなかったことで広島に流れをやってしまった」と、打線の奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース