ソフトバンク・椎野、好リリーフで5勝目「ゼロで抑えられるように頑張りました」

[ 2019年9月5日 21:46 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―2楽天 ( 2019年9月5日    ヤフオクD )

5回途中から2番手で登板した椎野(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが4連勝を飾り、楽天戦の5年連続勝ち越しを決めた。

 5回2死一、二塁の2番手として登板、1回1/3を1安打無失点に抑え今季5勝目をマークした椎野は「(楽天は)1人1人が良いバッターですし、やっぱり任されたイニングなので、ゼロで抑えられるように向かっていく気持ちで頑張りました」と話し、「本当に力いっぱい投げようと思っていたので良かったです」と振り返った。

 プロ2年目の今季は32試合に登板。「今季は色んなポジションで投げさせてもらって、凄い経験をさせてもらってます」と今季について語った。

 最後に「残りの試合も厳しい試合になると思いますが、熱い声援をよろしくお願いします」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース