大谷 今季初「5番・DH」で無安打、今季7度目の3三振 チームも零封負けで3連敗

[ 2019年9月5日 13:37 ]

ア・リーグ   エンゼルス0―4アスレチックス ( 2019年9月4日    オークランド )

<アスレチックス・エンゼルス>8回、空振り三振に倒れる大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が4日(日本時間5日)、敵地オークランドでのアスレチックス戦に今季初の「5番・DH」で先発出場。3打数無安打3三振で打率は・286となった。

 「5番・DH」での出場は昨年9月18日の同戦以来となった大谷。ここまで8勝8敗、防御率4・04の相手先発右腕・ロアークと対戦し初回の第1打席は、2死二、三塁と好機で空振り三振だった。3回の第2打席はスイングしたバットが相手捕手・マーフィーのミットに当たる打撃妨害で出塁。6回の第3打席は先頭の場面で空振り三振。8回の第4打席は3番手右腕・ソリアから空振り三振に終わった。大谷の1試合3三振は8月30日(同31日)の本拠地レッドソックス戦以来、4試合ぶり今季7度目。

 チームは打線が沈黙し、4点のビハインドを追い上げることができずに敗戦。零封負けを喫し、3連敗で借金は10となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース