矢野阪神 先発野手全員安打でDeNAに大勝!6日から2・5ゲーム差で追う広島と3連戦

[ 2019年9月5日 21:52 ]

セ・リーグ   阪神9―2DeNA ( 2019年9月5日    横浜 )

8回、マルテの右犠飛で生還し、ナインとタッチをかわす近本(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神がDeNAに快勝した。

 3回に高山の2点適時打などで一挙6得点のビックイニングを作ると、7―2で迎えた8回には近本が球団新人最多安打記録を更新するシーズン137安目を放ち、それを起点にマルテの犠飛で8点目を奪った。9回にも1点を追加し、先発野手全員安打だ。

 投げては先発青柳が5回2/3を2失点で、チームトップ7勝目をマーク。投打が噛み合った。あす6日からは敵地での3位広島戦。2・5ゲーム差のため、仮に3連勝すれば一気にCS圏内に躍り出ることになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース