阪神 高山の適時打で先制 DeNA・先発の大貫を3回途中でKO

[ 2019年9月5日 19:01 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年9月5日    横浜 )

<D・神>3回1死満塁、高山は中前適時打を放つ(投手・大貫)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が3回に先制した。先頭の近本がフルカウントからの7球目を見極めて四球で出塁すると、福留が右前打で続いて無死一、二塁のチャンスを作った。マルテが左直に倒れてあと、糸原が中前打を放って1死満塁に好機を拡大した。

 ここで打席に入った高山が、二塁の左をゴロで破る中前2点適時打を記録。初回2死満塁のチャンスで三ゴロに倒れており、再び巡ってきたチャンスをモノにした。ここでDeNAベンチは、立ち上がりから不安定だった大貫の交代を決断した。さらに、大山が申告敬遠で満塁となり、梅野が2番手・平田から押し出し四球を選んで3点目を奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース