日本ハム、ミス連発で泥沼8連敗 栗山監督「ミヤに悪いことをした」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―4ロッテ ( 2019年9月4日    ZOZOマリン )

8回1死、ミスの連鎖で同点に追いつかれうなだれたまま円陣にのぞむ日本ハムナイン(撮影・長久保  豊)
Photo By スポニチ

 鉄腕の節目の登板で守備が乱れた。1点リードの8回に日本ハム・宮西が登板し、入団から12年連続50試合登板を達成。だが1死から三塁・横尾の失策で岡が出塁し、その後に1死一、三塁から遊撃ゴロを捕球した平沼が併殺を狙って二塁にトスするもベースカバーの二塁・渡辺がまさかの落球で同点とされた。

 結局、9回サヨナラ負けで今季2度目の8連敗。栗山監督は「ミヤに悪いことをした」と謝罪し、宮西は「エラーをしたくてする野手はいない」と切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース