オリ、逆転負けで3連敗 山足&杉本の拙守響く 西村監督「明日は何とかしないと」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―10西武 ( 2019年9月4日    ほっともっと神戸 )

7回無死一塁、森のフライを杉本が落球(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスは4日の西武戦で代役の拙守が響き1分けを挟んで3連敗。2―1の5回先頭・金子の遊撃へのゴロを山足が失策。この回の2失点を招き逆転敗戦に起因した。

 1点差だった7回には森の左翼への飛球を杉本が落球。その後、外崎の痛恨3ランを誘発した。右膝の炎症でロメロ、体調不良で安達を抹消し、代わりに昇格した2人が精彩を欠いた。西村監督は「競っている試合ほど守備が大事になる。明日は何とかしないと」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース