ロッテ田村、プロ初サヨナラ弾!CS見えた 3位楽天とゲーム差なし

[ 2019年9月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―2日本ハム ( 2019年9月4日    ZOZOマリン )

9回2死一塁から田村がサヨナラ2ラン(撮影・長久保  豊)
Photo By スポニチ

 同点の9回2死一塁。ロッテ・田村が秋吉のスライダーを左翼席に叩き込んだ。「たまたまいきました」。今季3号はプロ初のサヨナラ2ラン。ウオーターシャワーでびしょ濡れのヒーローは「狙って打てたら3本ということはない」と観客を笑わせた。

 敗戦ムードを一変させたのは井上だ。0―2の6回、自己最多に並ぶ24号ソロを右翼席に放った。これがチーム今季146本塁打目。92年に球団が千葉移転してからのシーズン最多記録を更新。8回に相手守備のミスを突いて同点とし、田村の147本塁打目で劇的勝利を飾った。

 井口監督も「球場も狭くなったが、しっかりスイングしている」と笑顔。8月7日以来の貯金1で、3位・楽天とはゲーム差なしの4位。CS進出が見えてきた。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース