楽天・則本、ワースト3被弾で5敗目「もったいなかった」

[ 2019年9月5日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―5ソフトバンク ( 2019年9月4日    ヤフオクD )

4回2死、松田宣に左越え本塁打を打たれガックリの則本(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 楽天はエース則本昂が、今季ワーストの3発を被弾し5敗目を喫した。初回1死一塁から中村晃の右越え2ランで先制されると、デスパイネにも右中間ソロを浴びた。4回には松田宣に甘く入ったスライダーを左翼席中段に運ばれ、6回6安打4失点。「2回以降は良かっただけに、初回の入りがもったいなかった」と悔やんだ。

 この日のチームの失点は全て本塁打によるもの。首位・ソフトバンクと6・5ゲーム差と広がり、平石監督も「防げたものはあったと思う」と険しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース