U18侍・奥川、初回いきなり3K!甲子園決勝以来の登板で150キロ台連発

[ 2019年9月5日 18:06 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ スーパーラウンド   日本―カナダ ( 2019年9月5日    ドリームボールパーク )

初回を無失点で切り抜け、山瀬(左)とともにベンチへ戻る先発の奥川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18ワールドカップ」は5日、スーパーラウンド初戦が行われ、高校日本代表はカナダ代表と対戦。今大会初登板となった先発の奥川(星稜)は、初回にいきなり3三振を奪った。

 8月22日の甲子園大会決勝戦以来のマウンドとなった奥川は、先頭のマクドウェルを簡単に追い込むと、最後は151キロの直球で空振り三振。次打者のブラウンはスライダーで連続三振を奪った。3番のショフィールドには中前にクリーンヒットを許したが、4番のディオダティをフルカウントから151キロ直球で空振り三振。150キロ台の直球を連発し、初回から奪三振ショーを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月5日のニュース