佐々木の「肘の違和感」報道を否定 医療スタッフ「聞いていない」

[ 2019年7月27日 05:30 ]

報道陣の取材を受ける際、悔しそうな表情を見せる佐々木(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 登板回避にあたって大船渡・佐々木が県高野連の医療スタッフに肘の違和感を訴えていたという一部報道について、大会中に選手の医療ケアに従事した岩手県理学療法士会は内容を否定した。

 同理学療法士会は、試合前の選手の検診やケガ防止の指導などを行っている。実際に佐々木を担当した関係者は「肘について何かを訴えていたということはない。他の部位についても痛みや違和感は聞いていない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月27日のニュース