DeNA「横浜高打線」3球で先制点 松坂を1/3回でKO

[ 2019年7月27日 14:34 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2019年7月27日    ナゴヤD )

<中・D>乙坂、筒香、石川と横浜高校出身の選手を起用したDeNAのスタメン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAの「横浜高打線」が横浜高出身の中日先発・松坂大輔投手からわずか3球で先制点を奪った。

 4試合ぶりにスタメン起用された乙坂が、初球を中前打。続く筒香が1ボールからの2球目をはじき返すと、打球は左中間を真っ二つ。乙坂が先制のホームを踏んだ。後半戦初戦から12戦連続安打となった主将は「ボールに逆らわず、うまく打つことができました。引き続き頑張ります」と気合を込めた。

 松坂に対しては、昨季2度対戦して2敗。横浜高出身者を多く並べた打線を組んだが攻略できなかった。ラミレス監督は「昨年はうまくいかなかったが、もう一回やってみる。リベンジします」と、この日も1番・乙坂、2番・筒香、9番・石川と3人の後輩を先発起用した。試合前、「今日はうまく行くのではないかと思っている」と思っていた通り初回から一気に攻め立て、わずか1/3回で松坂をKOした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月27日のニュース