【中畑清 視点】ソラーテいきなり決勝2ラン 阪神は最高の選手獲ったね!

[ 2019年7月27日 08:26 ]

セ・リーグ   阪神4―2巨人 ( 2019年7月26日    東京D )

デビュー戦を勝利で飾り、ペンダントの家族の写真にキスするソラーテ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は最高の選手を獲ったね。ソラーテ。矢野監督は試合前「ホームランは期待してないんです」と言ってたのに、いきなり決勝2ランだよ。右打席で田口の失投、スライダーを見事にものにした。左も右もすり足でタイミングを取り、スエーしない。軸がぶれず、ダウンスイングでコンパクトに投球を捉えるから芯に当たればスタンドを越えていく。

 一塁を回ってから全力疾走、三本間で天井に向かってジャンプしたダイヤモンド一周もいいね。私がDeNAの監督2年目、13年にやってきたモーガンに似たムードを持っている。スタンドと一体になるパフォーマンス。陽気で頼もしい。猛虎党が待ち望んでいた助っ人じゃないかな。

 守備もハンドリングがいい。本来は二塁手らしいけどショートもいける。元気なキャラの加入で打線につながりが出てきたら阪神再浮上も期待できるよ。なんたってリーグNo・1のチーム防御率。ドリスが抜けても投手陣は強力なんだから。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月27日のニュース